2019年08月20日

BRICK -KEIKO SATO TRIBUTE EXHIBITION- お知らせ

京都市内にありますArt Spot Korinにて、木津川アートに関連した展覧会が行われています!

BRICK -KEIKO SATO TRIBUTE EXHIBITION-

68486605_2355126214710286_8172093308424683520_n.jpg

浅山 美由紀 / 橋本 次郎 / 志村 陽子 / 山下 ジュンコ / 瀧 弘子 / 川中 政宏 / 島本 彩 / 山本 茂 / 加藤 史江 / 福田 藍 / 糸田 泰明 / 水島 太郎 / 堀内 恵 / 佐藤 久一 / 李 眞弓 & 佐藤 麻子 / 中村 幹史 / 藤生 恭平 / 成田 直子 / 城戸 みゆき / 出村 実英子 / 冬耳 / 小川 しゅん一 / 山本 麻世 / 竹中 洋平 / 堀川 すなお / 穴井 佑樹 / 玉野 由理 / 大場 典子 / 松嶋 真 / 大手 久美 / 上田 普 / Ms&Mr シュウ

2019年 8月20日(火)〜9月1日(日)
15:00~19:00(最終日18:00まで)月曜日休廊
31日(土)18:00より、ささやかなパーティーを開催します。

この展覧会は、昨年惜しまれつつ永眠した木津川アート総合プロデューサー、さとうけいこ氏の一周忌に合わせ、木津川アートに関わる皆様の協力の下、開催される運びとなりました。 さとう氏が生前愛し、研究していた"レンガ" をテーマモチーフとし、そこから参加作家達が自由に発想を広げ、作品を制作します。
本展の会場となるArt Spot Korin(アートスポットコウリン)では、多くの木津川アートの作家さん達による展覧会が開催され、さとう氏も「木津川アートで出来た、1つの繋がりの場所ですね。」と、足を運ぶ度に口にされていたように記憶しております。
同時期に、木津川市情報発信基地キチキチでも、同じ想いのもとに開催される展覧会があると聞いております。
さとう氏を介して出来た繋がりや思い。これからも皆で、何処かで抱いていければいいなと思います。
観覧していただく皆さんはもちろん、この作品達が故人のもとに届き、楽しんでもらえる事を願っております。
川中 政宏
主催:LOCALSHIP  協力:Art Spot Korin , KIZUGAWAS

是非、ご高覧ください!
posted by アーティストニュース at 14:51| Comment(0) | 日記

2019年01月25日

岡村由季奈さんからのお知らせ

木津川アート2018では、旧藤村邸で展示してくださった、
岡村由季奈さんより、個展のお知らせをいただきました!

IMG_4332.JPG

IMG_4333.JPG

会期:1月28日(月)〜2月2日(土)
平日11時〜19時、土曜日は16時まで。
全日在廊予定です。

ご高覧頂ければ幸いです。

___________________________

お近くにお越しの際は是非、お立ち寄りください!

posted by アーティストニュース at 13:39| Comment(0) | 日記

2018年06月08日

浅山美由紀さんからのお知らせ

asayama2018_6_1.jpg

asayama2018_6_2.jpg


はじまりの場所 | A Place to begin  浅山美由紀

2018年7月3日(火)〜15日(日)※休廊:月曜
15:00〜19:00
7日(土)・8日(日)・14日(土):15:00〜19:00
最終日15日:13:00〜18:00

Art Spot Korin
〒605−0089 京都市東山区元町367−5
電話 075-746-3985
https://artspotkorin.wordpress.com/

■作家コメント
 記憶のどこかにある「はじまりの場所」。
それは、「命」や「細胞」が生まれる場、外界に出る前の安息の場です。
そこで生まれたものたちは、増殖・融合しながら新たな命となって生まれ続けます。
その「はじまりの場所」をインスタレーションと、その世界観を集約した作品をシャーレの中で展開します。
インスターレーションは、空間を産屋と想定して、糸と布で命が生まれる様子を表現、
シャーレーは和紙に線香の火で穴をあけた技法で細胞とそれらの増殖を表現します。

■展覧会の期間中のイベント
2018年7月7日(土) 17:00〜
・アーティストトーク。
・竹中洋平のハピドラム演奏。

七夕の夜、木津川アートや海外公演で大活躍の竹中洋平さんのハピドラム演奏を楽しんで頂きます。
私、浅山美由紀によるアーティストトークもあります。


是非、ご高覧ください!
posted by アーティストニュース at 18:14| Comment(0) | 日記