2020年06月01日

川中政宏さんから、2つの展覧会のお知らせです。

川中政宏さんより、2つの展覧会のお知らせをいただきました!
ーーーーーーーーーー
ご無沙汰しております。
まだまだ油断ならないですが、皆さんおげんきでしょうか?
という事で中々是非お越しを!!とは言えませんが、2つの展覧会のお知らせさせていただきます。
よろしくお願いします!!


71169091-B4CF-400B-AFBC-8CF1881C6C42.jpegC1919CD5-5ACE-43F9-88D3-73C33BECB978.jpeg

Olive STYLE
2020.05.31 - 06.14
12:00-18:00 (火・水曜日休廊)
Ku Klux Kunst
川中政宏/現代美術
河野晃久/デザイナー
堤圭司/シルバークラフトマン
GALLERY 173
〒563-0032 大阪府池田市石橋1-7-3
TEL/072-763-3326
Gallery 173は1Fがカフェスペース"ata"になっており、美術と飲食が楽しめるスペースと
なっており、美術に精通しない方々もたくさん訪れます。
店頭にはオリーブの木があり、メニューにもなっている "自家漬けオリーブ" は
我々にとって欠かせない一品でもあります。
太陽の樹、生命の木、勝利の象徴、平和の象徴、
オリーブは神話の世界から現代に至るまで、様々な意味を持つ物として扱われています。
我々のオリーブはどの様な意味を持ち、どの様にみなさんの口に運ばれるのか?
その小さい一粒一粒が、みなさんのお口にあうことを願っています。
Ku Klux Kunst
川中 政宏/現代美術家、河野 晃久/デザイナー、堤 圭司/クラフトマン
の三人からなるユニット。
Ku Klux(クー・クラックス)はギリシャ語のkyklos(キクロス) "円" "輪" "循環" 
などの意味を持ち、Kunst (クンスト)はドイツ語で "芸術" の意味を持ちます。
新型コロなウイルスの影響の為、スケジュールの変更を余儀なくされる場合があります。
以下のアドレスにてお確かめの上、ご来場下さい。

A77758D2-1C73-49D8-9EB6-09ADBE8EF12A.jpeg

Corona STYLE
2020.06.16 - 28
15:00-19:00(月曜日休廊・最終日は18:00まで)
Ku Klux Kunst
川中政宏/現代美術
河野晃久/デザイナー
堤圭司/シルバークラフトマン
Art Spot Korin
2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、
短期間で全世界に広がったコロナウイルス。
日本でもそのウイルスは猛威を振るい、東京オリンピックを筆頭に、様々なイベントが中止となり、
皆さんの生活、観光や飲食、娯楽施設は大きな損失を受け、この一連の騒動は、我々芸術の世界にも大きな影響をあたえました。
毎日の様にテレビで流れるニュースや人々の行動に、納得、怒り、恐れ、呆れなど、多くの感情を抱きました。
芸術支援の為にと、演劇・音楽・映画への支援についての内容が時折取り上げられていました。
(芸術と謳われているにもかかわらず、我々の思う芸術自体は注目されることがないのは残念ですが。)
エンベロープ上にタンパク質の突起を持ち、その形状からラテン語、またはギリシャ語の"王冠 -CORONA-"太陽のコロナが名前の由来になっているこのウイルス。
名称が同じということで、コロナビールも大きな影響を受けることになりました。
我々はそんなコロナビールを意識して飲み始めるようになりました。
奇しくも王冠と呼ばれている瓶の蓋。
我々は王冠を開け、その中身を胃に流し込み、自宅で自粛生活を続けました。
芸術がこのウイルスが如く、日本に蔓延する事はあるのだろうか?
そんな事は一生ないのかもしれない。そんな物思いに耽りながら。
※当展覧会では、コロナビールを用いた空間構成を行います。
Ku Klux Kunst
川中 政宏/現代美術家、河野 晃久/デザイナー、堤 圭司/クラフトマン
の三人からなるユニット。
一般の生活に置いてまだ馴染みが薄く、敬遠されがちな現代美術。
そこに情報を伝える事を生業としたデザイナー、それを具現化する事に特化している
クラフトマンを交え、よりパブリックかつアートな空間制作を試みます。
Ku Klux(クー・クラックス)はギリシャ語のkyklos(キクロス) "円" "輪" "循環" 
などの意味を持ち、Kunst (クンスト)はドイツ語で "芸術" の意味を持ちます。
※新型コロなウイルスの影響の為、スケジュールの変更を余儀なくされる場合があります。
上記のHPにてお確かめの上、ご来場下さい。


可能ならば是非とも、ご高覧ください!

posted by アーティストニュース at 23:05| Comment(0) | 作家さんからのお知らせ