2018年03月30日

堀川すなおさんからのお知らせ

木津川アート2014に参加してくださった、堀川すなおさんより、個展のお知らせをいただきました。

sunao_2018_02.jpg

堀川すなお個展 "観察と記録"
会  期 : 2018年4月2日(月) 一般公開
宿泊施設利用者に対する公開会期(予定):4月3日(火)から、終了不確定
(オープニングパーティー : 4月2日18:00から20:00まで)
一般公開開廊時間 : 15:00 – 20:00
会  場 : 青春画廊 西陣
     603-8313 京都府京都市北区紫野下柏野町7−27

sunao_2018_01.jpg

入 場 料 : 無料

ーーーー

 この度は、築100年の京町屋を再生した青春画廊 西陣 – Contemporary Art House Nishijin -にて大阪在住の作家、堀川すなおの個展を開催いたします。
堀川すなおは、1986年大阪生まれ。京都市立芸術大学大学院を修了後、大阪を拠点に制作活動を行い、2015年には、ポーラ美術復興財団在外研修員としてニューヨークにて研修し、ポーラミュージアムアネックス展、水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室クリテリオム87、大阪府江之子島文化芸術創造センターなどの展覧会に参加してきました。
 本展覧会では、新作のドローイング作品を発表します。
これまで堀川は身近に存在するプロダクト製品や自然物などを油絵の具や色鉛筆などを用いて描いてきました。様々なおそらく堀川の琴線に触れたモチーフの「構造」や「印象」を分解し、読み解き、平面や立面、マクロやミクロなどの様々な視点、倍率を混ぜ合わせるように配置されるイメージは図面、とりわけ青焼き図面のように見えます。図面というものは、何かを製造する前段階に描かれるもので、第三者に対して数値や記号を用いて客観的にまた的確に、仕様や素材、大きさ、などを伝えるため描かれるものです。
堀川は作品を制作する時、この図面作図的思考をもちいて対象物の印象を独自の視点で抽出し、絵画を成立させるために利用します。

ーーーー

目の前にある もの その本来の姿を探るため、制作をしています。

 ものの名前を聞いたとき、私たちの頭の中では容易にその形をイメージすることができます。その共通のイメージによって私達はコミュニケーションを図っています。
 しかし実際に目の前にあるモノと、そのイメージは同じかどうか。

 「今まで知っていると思い込んでいたものは一体何だったのか?」自分の制作を通して、そう問いかけています。

堀川すなお

ーーーー

 脳内のイメージをそのまま青焼きとして感光させたような、堀川のドローイング作品を青春画廊 西陣の空間で鑑賞していただければとおもいます。
(青春画廊代表・林泰彦)


4月2日のみの一般公開だそうですが、
是非、ご高覧ください。

posted by アーティストニュース at 15:52| Comment(0) | 作家さんからのお知らせ

2018年03月29日

出村実英子さんからのお知らせ

染職の出村実英子さんより、展覧会のお知らせをいただきました。

demura201803_01.jpg

demura201803_2.jpg


7つの仕事展

2018年3月31日(土)ー4月9日(月)
午前10時30分ー午後5時
奈良水門町 五風舎にて

分野の異なる7人の
五風舎での4回目の展覧会です
辺りは桜も見ごろとなります
ぜひお出かけくださいませ
御高覧お待ち申し上げております



demura201803_3.jpg


ぜひ、ご高覧ください!

posted by アーティストニュース at 15:29| Comment(0) | 作家さんからのお知らせ

井上隆夫さんからのお知らせ

木津川アート2014に参加してくださった、井上隆夫さんより、個展のお知らせをいただきました。

inoue2018_01.jpg

inoue2018_02.jpg

inoue2018_03.jpg

井上隆夫展 黙する言語<なにかのなにか>
2018年3月10日(土)ー30日(金)12時ー18時月曜休廊
ギャラリー白川

是非、ご高覧ください!

posted by アーティストニュース at 15:18| Comment(0) | 作家さんからのお知らせ